HOME>ホットトピックス>歯を失くしてしまった人は知って欲しいインプラントのコト

そもそもインプラントって何?

歯科におけるインプラントとは、歯の抜けた場所に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶる治療のことです。

失った歯を補う治療の種類

レディ

インプラントによる治療

最近注目されている治療方法で、健康な歯を削らずに済むというメリットがあります。

ブリッジによる治療

ブリッジは入れ歯よりも違和感なく装着できて、素材によっては見た目も自然にできます。

プラスチック性の入れ歯

一般的な治療法であり、保険が適用できるため医療費が抑えられます。

軽い金属床義歯

歯肉に接する部分を金属にしています。軽く薄いため、装着時の違和感がほとんどありません。

エステティックデンチャー

エステティックデンチャーとは、歯に引っ掛ける金属のバネが不要な入れ歯です。審美性に優れています。

歯を失くしてしまった人は知って欲しいインプラントのコト

医療器具

見た目を改善することができる!

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込んで、その上に人工の歯をかぶせる治療方法です。そのため、見た目が自分の歯のように仕上がるため、周囲の目を気にする必要がありません。

歯型

噛む力を取り戻せる

インプラントを埋め込んだ時に、維持装置を使ってしっかり固定するので歯が動くことがありません。そのためインプラント治療では、自分の歯と同じように何でも噛むことができます。

歯

安全性の高い素材

現在インプラント治療で使われる材料として、主にチタンやチタン合金が用いられています。これは強度が強いだけでなく、体の組織と親和性も高いので、安心して用いることができます。

院内

自然歯への影響がない

インプラント治療では欠損した歯の部分だけを削り、そこにインプラント素材を埋め込みます。そのため、入れ歯やブリッジのように周りの健康な歯を削る必要がなく、負担がかからない利点があります。

気になるインプラントの疑問を解決!

歯

インプラント治療は保険が適用されますか?

通常のインプラント治療では健康保険が適用されないため、治療費は自己負担です。

治療期間はどれくらいですか?

個々の歯の状態によって治療に要する期間は異なります。特にインプラントが骨に結合するまでに一定の期間が必要となります。

治療は痛くありませんか?

局所麻酔を使うため、施術中は痛みを感じることはありません。麻酔が切れると痛みが出ることがあるため、その場合は鎮痛剤を処方します。

治療後に腫れることはありますか?

治療後にインプラントを埋め込んだ部位が腫れることがありますが、通常は徐々に引いてきます。腫れが長引けば施術した歯科医師に相談しましょう。

治療後に注意することはありますか?

インプラントを長期間良好に保つためには、担当した歯科医師に定期的にメンテナンスしてもらうことです。

費用に注意しよう!

インプラントは自由診療なので、費用は歯科医院によって異なります。治療が終了するまでの治療費を確認しておきましょう。

広告募集中